絶対に浮気しないと思っていたのに浮気してしまいました

053385
私は昔から浮気に対して嫌悪感が強くて自分が浮気するのも相手にされるのも本当に嫌だったのですが、あることをきっかけに自分が浮気の当事者になってしまいました。

私は大学3年生の時に交際を始めた女性がいて卒業して間もなく結婚したのですが、結婚してすぐに妻に対して何か違うなと感じるようになりました。

妻は交際中は色々と気遣いをしてくれて結婚したら良いお嫁さんになるんだろうなと感じていたのですが、実際に結婚したら全然違う感じになってしまいました。

以前は細かいことに気が付いて色々とやってくれていたのですが、結婚してからは自分のことは自分でやっとけみたいな感じでまるで別人のようだと思いました。

ただそれについては元々そんなに世話を焼かれたいタイプの人間では無かったので、急激な変化に驚きつつもそこまで嫌ということは無かったです。

そこは本当にそこまで気にはしてなかったのですが、もう1つだけ問題があってその点については本当に嫌でした。

結婚前の妻は優しくて怒るようなことはほぼ無かったのですが、結婚してからは急に厳しくなって何かとガミガミ言ってくるようになりました。

私自身が争いごとを嫌う性格なのもあって強く言い返せないので我慢していたのですが、1年くらいそれが続いたら妻への気持ちが少しづつ冷めてきてしまいました。

そんなこともあって結婚して1年も経つ頃には妻より他の女性が魅力的に見えるようになっていて、あれだけ浮気に嫌悪感を持っていた自分が他の女性と付き合いたいと思うようになっていきました。

それでも浮気はダメだと我慢していたのですが、卒業後に久しぶりに大学の先輩と再開したことがきっかけで浮気をすることになりました。

その先輩は1歳年上で大学のサークルが一緒だったのですが、とても魅力的な女性だったので当時は正直憧れていました。

当時の先輩には恋人がいたので告白はしてないのですが、数年ぶりに再会した先輩は不満だらけの妻よりも魅力的に思えました。

当時からかなり面倒見の良い女性だったので一度妻について相談してみたらその後も何度か相談に乗ってくれて、そんな中で先輩に対する気持ちが強くなっていきました。

そこで浮気はダメだと思いつつも先輩に思いを伝えたところ、最初は断られたものの私が押し切る形で最終的に浮気関係になりました。

浮気をしたら罪悪感が凄いんだろうなあと思っていたのですが、既に妻との関係が冷え込んでるせいか全く罪悪感が無い自分がいます。

正直な気持ちを言うと妻とは早く別れて浮気相手と結婚したい気持ちが強いので、早く離婚できるように今は意識的にもっと関係が悪くなるように振る舞っています。