浮気の証拠を掴むのは大変

097341
友人から、パートナーの浮気の証拠をつかみたいから手伝ってほしいと頼まれたことがあります。しかし、実は浮気の証拠というのは簡単につかめるものではないんですよね。
彼女は、例えば旦那さんが受け取ったメールやLINEのやりたいなどのスクリーンショットがあれば浮気の証拠として使えるのではないかと考えていたようでした。彼女はすでに離婚を視野に入れ、なんとか証拠をつかみ、相手の女性から慰謝料を取るつもりでいたのです。

しかし、浮気の証拠というのは決定的なものが必要なのです。確かにメディアLINEのやりとりなどが浮気の決定打になると考える人は少なくないのですが、このようなものは「一部だけ見るから浮気に見えるだけだ」などと言い訳をされてしまう可能性があるため、決定的なものとはなりません。離婚まで考えているのであれば、浮気の証拠として必要なのは浮気相手と2人でラブホテルに入っていく写真や2人でどちらかの家に入っていく写真、そして2人の会話の盗聴記録等が必要です。どちらかの家に入っていく写真だけでは決定的な証拠にはならないとも言われています。それだけでは何をしているかわからないですもんね。

そのため、最終的に私の友人は探偵を雇ったようでした。確かに探偵に頼むと盗撮や盗聴をやってくれますし、確かにお金はかかりますが比較的確実な証拠揃えてくれると言われています。どうしても慰謝料を取った上で離婚をしたいと考えていた彼女には、私たち素人がリスクを犯して証拠を掴むより、お金を払ってでも探偵にお願いしたいという気持ちが強かったようです。探偵というとどうしても値段が高くなるイメージを持つ人もいるかもしれませんが、最近は極めて良心的な探偵も多いです。

特に私の友人が依頼した探偵事務所は女性が多く、また無料カウンセリングなども受けることができたようで、とてもありがたいと言っていました。最終的に旦那さんが浮気相手とホテルに入っていく写真を撮影してもらい、慰謝料を取った上で離婚を突きつけることができたそうです。必要があれば弁護士事務所に相談することも大切ですね。